このページの本文へ

ここから本文

事業領域

三菱電機グループの一員として、FA(Factory Automation)、BA(Building Automation)、HA(Home Amenity & Automation)の3つの分野を軸にグローバルに事業を展開。
誠意と創意に満ちたより良いソリューションを提供しています。

事業について

Innovation and
Confidence.

三菱電機メカトロニクスソフトウエア株式会社は、三菱電機グループの一員として1983年に設立されました。
以来、三菱電機製品開発の一翼を担うソフトウェアエンジニアリング会社として、
・Factory Automation(FA事業)
・Building Automation(BA事業)
・Home Amenity & Automation(HA事業)
の3分野を軸に、幅広い製品知識やソフトウェア技術を追求。時代とともに変化するニーズに対応し、
最新技術を取り入れた信頼性の高いソフトウェア開発を続けています。

Unique
technology.

三菱電機メカトロニクスソフトウエア株式会社では、
製品に組み込む基本ソフトウェアの開発をはじめ、製品を使いこなすためのエンジニアリングソフトウェア開発、自社開発のCAD/CAMシステムなどのソフトウエアパッケージ、生産管理システムなどのソリューションと、幅広い分野のソフトウェア開発を手掛けています。
世界で活躍するたくさんの三菱電機製品——。
それらを底辺から支えるソフトウェア開発に長く携わることで、製品知識をどこよりも蓄積し、それに伴う高度な技術を追求してきました。設計から運用にいたる
まで、ソフトウェア開発のプロフェッショナルとして
取り組んできた、独特の技術力が強みです。

Changes for
the Better
Solution.

IoT時代が到来し、ソフトウェアはまさしく、
その主役となります。
三菱電機メカトロニクスソフトウエア株式会社は、
IoT時代でさらに飛躍すべく、より高い価値の創出を
めざし、製品やサービスのコア(核)となる技術の
開発など常に新しい技術に挑戦していきます。
そして、これまで培ってきた、幅広く信頼性の高い
ソフトウェア開発の技術力と堅実な成長を土台に、
よりよい未来を創造するため、モノづくりの現場を
変革していきます。

※IoT(Internet of Things):モノのインターネット