このページの本文へ

ここから本文

BA事業

Building Automation

昇降機・空調・照明をはじめとした諸設備の監視制御から、防犯・防災の監視制御にいたるまで、
ビル内の管理をコンピュータを駆使して自動化することで、ビルのインテリジェント化を進めています。

BA事業の取り組み

都市のインフラ
昇降機の技術

昇降機(エレベーター/エスカレーター)のソフトウェア開発で、都市を中心とした社会インフラを支えています。
1983年に世界に先駆けてエレベーター用インバータ技術を実用化するなど、ソフトウェアによる制御技術を発展させてきました。
また、エレベーターとセキュリティーシステムを連動させることで、出勤時等のビル内の混雑を解消する画期的な “セキュリティー連動・エレベーター行先予報システム” など、技術革新を重ね、常に進化を続けています。

独自の最先端技術
個人認証技術

ビルシステムの開発では、ビル全体のセキュリティーシステムから、個人を識別する各種認証装置のソフトウェアなど多岐にわたる開発をしています。
指組織内部(真皮層)の指紋情報を非接触で検出する生体認証センサを採用した“指透過認証装置”における接触せずに指紋を検出できる技術は、外部環境などに左右されにくい安定した認証を実現します。また、個人認証装置としては、ドアに近づくだけで認証確認ができる“ハンズフリー入退室管理”など、高いセキュリティー効果を発揮する最先端の個人認証技術の製品のソフトウェア開発に携わっています。

BA事業に不可欠な
技術基盤を構築

Building Automation(BA)事業では、安全性・効率性・快適性の追求、環境への配慮を軸に、様々な開発をしています。
BA事業は、昇降機からビルセキュリティー/ビル管理まで、ビルマネジメント全体にわたる幅広い事業へ拡大しています。
例えば、ビルの電力デマンドの管理やエネルギーの「見える化」による節電、省エネを促進するビル管理システム、また生産を支える“グローバル生産システム”など、技術基盤を糧にさらなる飛躍をめざしています。

三菱BA製品について詳しく知りたい方はこちら

製品についてより詳しく知りたい方は、下記関連サイトをご覧ください。

三菱電機メカトロニクスソフトウエアの事業領域