このページの本文へ

ここから本文

FA事業

Factory Automation

三菱電機のFA製品が誇る世界トップクラスの技術力。その中枢となるソフトウェアを開発しています。製品に組み込む基本ソフトウェア(ファームウェア)と、その製品を使いこなすためのエンジニアリングソフトウェア、FAの情報系システムの3つを軸に展開しています。

FA事業の取り組み

FAの頭脳とも言える
基本ソフトウェア

三菱電機のFA製品を制御する基本ソフトウェアを開発しています。
工場の組立て機械からライン設備まで、自動化・省力化のために活用されているコントローラ機器
(シーケンサ、表示器)や駆動機器(サーボアンプ、インバータ)。マザーマシン(工作機械)を高精度に制御するための頭脳になるNC装置。さらにはメカトロニクス製品(放電・レーザー加工機、ロボット)など、モノづくりのさまざまな分野で活躍しています。

製品を使いこなすための
エンジニアリングソフトウェア

基本ソフトウェアを組み込んだ三菱電機製品。その製品を使いこなすためのエンジニアリングソフトウェア開発を行っています。
また、三菱電機の研究所と連携しながら、NC製品に搭載するインテリジェント機能や3D加工シミュレーション、各種アプリケーションやソリューション提供、機械学習や人工知能(AI) 、ビッグデータの活用にも取り組んでいます。

FAの現場と上位系をつなぐ
情報系システム

工場のFA機器をつなぎ、生産現場の情報の「みえる化」と「使える化」を実現させる“e-Factory”の開発など、情報系システムのソフトウェア開発を行っています。
そのなかには、部品情報や設計情報を登録・管理する“PDM(Product Data Management)システム”、製品のライフサイクル全般を管理する“PLM”(Product Lifecycle Management)なども含まれます。

三菱FA製品について詳しく知りたい方はこちら

製品についてより詳しく知りたい方は、下記関連サイトをご覧ください。

三菱電機メカトロニクスソフトウエアの事業領域