このページの本文へ

ここから本文

CAD/CAMソフトウェアパッケージ事業

“CAD/CAM”とは?

CAD(Computer Aided Design)は図面を描くための、CAM(Computer Aided Manufacturing)は図面から製品加工するためのプログラムを作成するソフトウェア。三菱電機メカトロニクスソフトウエア株式会社のCAD/CAMはそのふたつの機能を持ちあわせたシステムです。
超硬材や難削材を加工する放電加工機や、平面・立体の板金を加工するレーザ加工機など、三菱電機の加工機を効率良く動かすプログラムを作成します。

“CAD/CAM”がもたらす可能性

加工の現場で困っている内容をCAD/CAMの技術で解決するなど、お客様のニーズにあわせて独自のソリューションを提供しています。
1995年より自社事業を開始して以来の独自開発は、放電・レーザ加工機の開発との連携により製品力を強化。世界的に高いシェアを誇る三菱電機加工機の能力を最大限に引出すソフトウェア製品として、国内外で幅広く三菱電機の製品を支えていきます。

CAD/CAM製品について詳しく知りたい方はこちら

製品についてより詳しく知りたい方は、下記関連サイトをご覧ください。