このページの本文へ

ここから本文

社員の声

Human power

答えが違っていても大丈夫。自分なりに考えて自分なりの答えを出す。

木戸 真梨子

HA2004年入社

情報工学系

近畿大学 生物理工学部 電子システム情報通信工学科 卒

プログラミングに携わりたくて、30社!

大学でプログラミングについて学び、プログラムに携れる会社を30社ほど検討しました。そのなかでMSWは冷蔵庫・エアコンという私たちに身近なモノづくりに携っていて、しかも年間の休日数が多く働きやすい環境が整っていたことから入社を決めました。

リーダーのプレッシャーをモチベーションに

入社後はずっと業務用エアコンの室外機の開発を担当していて、今はグループリーダーを任されています。スケジュールやコストの管理、クライアントとの折衝など全体を管理する立場になりましたのでプレッシャーはありますし、計画通りにプロジェクトが進まないときには悩んでしまうこともあります。でも「重要な役割を任されているんだ!」と自分に言い聞かせて、そのプレッシャーをモチベーションに変えつつ頑張っているところです。これから仲間になる方には「自分なりに考えて、自分なりの答えを出す」ことを大切にしていただきたいと思います。答えが間違っていても大丈夫。それを責める人なんて、少なくともMSWにはいませんから。