このページの本文へ

ここから本文

社員の声

Human power

大切なことは、改善の余地があると思い働くこと。

大城 央

HA2015年入社

情報工学系

静岡大学大学院 情報学研究科 卒

会社説明会で感じた高い技術力

入社しようと思ったきっかけは、会社説明会で、高い技術力を持っている会社だと感じたからです。
その時に見た技術デモに高い関心を持った事を今でも覚えています。ロボットアームや高速で回転する歯車が寸分たがわず動作する製品を見て、どのようにしたらここまで精密に物を動かすことができるのか?自分でもその技術を習得したい、と思いMSWを選択しました。

入社2年目から、意見を出して業務改善

家庭用冷蔵庫に付属する操作パネルのソフトウェアの開発を行っていますが、自分が設計開発した操作パネルを搭載した冷蔵庫が販売されているところを見て、自分の仕事が世の中の役に立っているのだと感じた事が社会人になって一番嬉しかったです。
また、自ら意見を出し、行動する事で業務改善を行う事ができたことも嬉しかったですね。 従来から行われている方法が正しいと思わず、常に改善の余地があると思い働く姿勢が重要だという事を学ぶことができました。