このページの本文へ

ここから本文

MSWの仕事

Technology

HA

Home Amenity & Automation

暮らしのニーズを先取りし、未来を豊かにする仕事。
ソフトウェアで住空間シーンを支えます。

世界の住空間シーンを快適に

社会の変化に応じて、IoT家電など、年々高機能化している電気製品。
実現のための技術もまた、多様化、高度化しており、常に新しい技術と幅広い知識が求められています。
MSWのHAは、ソフト面だけでなくハード面にも精通した技術で、
常に新しいことにチャレンジし、より豊かな暮らし作りを追求していきます。

三菱電機HA製品群のソフトウェア開発

三菱エアコン 霧ヶ峰® や三菱冷蔵庫などで一般に最も馴染みのある分野で、センシング技術の応用およびインバータ制御技術等により、快適で、使いやすく、しかも省電力化を考えた“より人と環境にやさしい”電気製品の開発を行っています。また最先端の冷熱テクノロジーをトータルに切り抜き、最適な冷熱システムの創造を実現。ビル・工場向けの業務用空調機・冷凍機をはじめとする多彩な業務用機器は、多くの場面において活躍しています。

大城 央

HA2014年入社

情報工学系
静岡大学大学院
情報学研究科情報学専攻 卒

新しいことに挑戦して、技術力を高めていく。

私が所属する冷熱機・ライフオートメーション事業は、ルームエアコン、事務所店舗用エアコン、冷蔵庫、IHクッキングヒーター、給湯器、除湿器、販売促進用のソフトウェア開発を行っています。

私が担当しているのは、主に冷蔵庫の操作パネルの開発です。操作パネルとは何かというと、冷蔵庫の扉についている、タッチパネル式の機器のことです。操作パネルの開発ができる開発者は少なく、周りからサポートしてもらいながら、メインで開発を進めています。新しいことや、自分がやったことがないことをどんどん任せてくれるので、自分の技術力を高めることができます。

  • 霧ヶ峰 は、三菱電機株式会社の商標登録です。