このページの本文へ

ここから本文

働く環境

Work place

プログラミング未経験者も活躍している強力な教育体制

100以上の研修・講座

入社前から入社後、配属後まで、個々のレベルと状況に合わせた教育プログラムを用意しています。MSW独自の講座、三菱電機主催のMゼミなど100以上の研修を選択できます。


100を超える多様な研修・講座

通信教育 入社前に受講する研修です。レベルに合わせて選択できます。
配属前集合研修 入社後、配属前に実施する社内講師陣を中心とした講座です。
配属前に抱えやすい新人の不安をできるだけ解消するよう、現場の課長やグループリーダー、若手を講師として招き、社内でのコミュニケーションのとり方や仕事の進め方、新人がつまずきやすいこととその対処法などを教えます。一方的に教えるのではなく、グループワークを取り入れ、講師と新人の双方向交流で疑問が残らないような講座形式にしています。
OJT
(On the Job Training)
5~10年目の先輩社員が教育担当となり、実務に合わせて、一人ひとりをスキルアップしていきます。
技術系研修・講座 1年目は平均月1回の講座を受講。その時必要な知識やスキルレベルにあわせてカスタマイズされたさまざまな講座を受講できます。(以下はその一例)
  • ソフトウェア開発概論(必須):ソフトウェア初心者にもわかる入門的な内容になっています。個人やグループで例題を扱いながら知識を習得していきます。
  • Cプログラミング基礎(選択):C言語初心者向け、任意参加のCプログラミング基礎講座です。基本的な知識を勉強していきます。
  • 組込みソフトウェア開発実習(選択):Mゼミ
  • パソコン実習(必須)
  • 情報セキュリティ(必須)
  • 情報システム系ソフトウェア開発実習 (選択):Mゼミ
ビジネススキル系
研修・講座
1年目は平均月1回の講座を受講。社会人として必要なビジネスマナーなどのヒューマンスキル、コンセプチュアルスキル、マネジメントなど幅広く受講できます。(以下はその一例)
  • プレゼンテーション(必須)
  • 業務文章作成(必須)
  • プロジェクトマネジメント初級(選択):Mゼミ
  • プロジェクトマネジメント演習(選択):Mゼミ

※Mゼミは、三菱電機主催の研修です。グループ会社も含めた研修のため、三菱電機をはじめ、他の関係会社との交流が出来る機会にもなります。

資格取得奨励金で社員のやる気をバックアップ!

MSWでは情報処理技術者資格取得に奨励一時金を支給しています。また、社外資格取得のバックアップ講座として、情報処理技術(基本)、情報処理技術(応用)、情報処理技術(エンベデッド)の3種類も用意しています。当該講座を受講して合格しても、もちろん奨励金は支給されます。

情報処理技術者試験の合格人数

技術系 資格合格者数 資格合格者率
社員合計 1054名 742名 70.4%
技術者数 1033名 742名 71.8%
(平成28年度データ)

資格例:「基本情報技術者」、「応用情報技術者」、「情報セキュリティスペシャリスト」、「エンベデッドシステムスペシャリスト」ほか

先輩社員から色々と教えてもらえる。

就職活動は、学生時代に学んだことを活かせる仕事!という軸で探していました。工学部と比べたら知識が劣るかな?という心配も少しありましたが、OBやOGもたくさんいますし、研修が充実しているので、入社後も特に気にすることなく働けています。

吉田 祐美

FA2011年入社

情報工学系
愛知教育大学 教育学部 現代学芸課程 情報科学コース 卒